やればできる!エフェクトアニメーション

blog1
LINEで送る
Pocket

アニメーションチーム砂糖はくはくです。 3月にブログ記事を担当させていただいてから約半年、ぐるっと一周してまた担当させていただくことになりました。

以前はクロスサマナーのショートアニメの制作を担当していましたが、ネイティブアプリのほとんどが今やUnity使用のゲームになりました。 2Dアプリケーションメインだった私も新たなスキルアップとしてUnityのお仕事に携わることに。

ガラケーの真ん中のボタンを押すだけのFlashゲームからWEBページで遷移するソーシャルゲーム(特にカードゲームが一世を風靡!)、そしてスマホアプリのソーシャルゲームと進化。

ここまで10年かかってない急流の中にいるような業界です。 1年前に使っていた技術が今は使えなかったり、時代遅れだったりなんてことも日常茶飯事・・・。 クリエイターも次々と新しい技術を身に着けなければいけません。

コンシューマメインだったゲーム会社も次々とスマホゲームを出していますし、スマホゲームは業界内で無視できない存在に。 クリエイター志望の方はグラフィックに寄りがちではありますが、演出アニメーションもやりがいがあります!そして優秀なアニメーターは不足していると聞いています。

私もエフェクトアニメーションの師であるikepon先生に指示を仰ぎながらクロサマエフェクトの制作方法を習得しました!

( 講演に引っ張りだこなikepon先生のエフェクト演出についての記事はコチラ

それでは私がikepon先生に教えていただいたUnity演出をご紹介します。 アプリケーションを触るのも初めてだった砂糖もここまで出来ます!

※画面は開発中のものです

クロサマ奥義1

 

クロサマの夏時期リリースの水着のレイラ副長! ・・・の奥義。 やられてる敵のアップ過ぎてキャラわからないですね。

水着レイラ副長

キャラ絵はこちら。 元は光属性だった彼女も、心機一転水属性になって涼しげになりました。

そんな彼女の奥義には足し算方式で豪華な演出を施しました。 ☆5で過去最高のコンボ数をたたき出すキャラなので、最後にどかーん!と派手に散る部分にはハイビスカスが舞うようにしていたり、たくさんの水しぶきがあがったりしますが、1つ1つはほとんどParticle Systemというデフォルトで入っているエフェクトアニメーションを基準にして作っています。 ひとつひとつは地味でも重ねていくと派手になります。

たくさん重ねていったんだから当たり前・・・でもありますが、タイミングや位置をうまく設定しないとごちゃごちゃしすぎて緩急もなく、何がなんだかわからなくなるので調整します。 私は3Dにまだ慣れていないこともあり、頭の中で演出を数値で計算するよりも見てイメージに近づけるように調整するので、この辺りが一番時間がかかる部分です。

クロサマ奥義2

クロサマ海外版用のハシームさん。

海外版キャラなので日本でのお披露目はないのですが、お金大好き強欲キャラというどちらかというと味方よりもザコボスキャラなのでは・・・という闇属性。 ☆4なのに演出にとても時間をかけてしまったここ最近のお仕事です。

 

(☆5が最高ランクのレア度です)

水着レイラと同じくガンナータイプですが、☆4ということもあり演出は短めです。 最初はさらっと既存エフェクトだけで作成してしまいましたが、やはり設定にある「お金が好きな強欲キャラ」という部分が演出上見えてこないことが気になり、敵を撃つとコインが飛び散る仕様に。 演出だけのものなので実際にお金が入手できるわけじゃないんですが、画面いっぱいに飛び散るコインからハシームの強欲さが出せたと思います。 ちなみにこちらの演出もParticle Systemのデフォルトアニメーションを元に若干の数値を変更したのみで作成しています。(調整は結構しました・笑)

コイン自体はマテリアルにコインの陰影をつけた1枚絵を貼ってるだけなので厚みはありませんが、敵の懐からパーンとはじけるようにランダムに飛び出すと表示時間も短いため、厚みは気になりません。

ぶわっと四方に散るハイビスカスから、はじけ散るようなコインまで、デフォルト値の数字を少しいじるだけでかなり多用な演出が作れます。

以上、初心者スタートからここまで出来るようになった砂糖のお話でした。

アニメーターは社内でも少ないですし、新卒の若い方はあまり見られないように思うのでぜひ興味を持っていただけたらと思います!!

別件、ポケラボ クリエイティブTwitterを開始しました
よろしければフォローよろしくお願いします!